一般財団法人 自転車産業振興協会 技術研究所 Japan Bycycle Technical Center

MENU

試験・検査Examination

試験・検査 > 自転車 / 座席装置 / サドルのはめ込み強度試験

サドルのはめ込み強度試験
試験方法概要 以下の試験を行ったとき、トップ又は合成樹脂成形品がベースから外れたり、舟線又はコイルばねがはめ込み部から外れたりしてはならない。また、サドルに亀裂又は永久変形があってはならない。
サドルを舟線の表示又は取扱説明書に従いサドルの位置が最も後方になるよう位置合わせをし、固定する。サドル台座のどこにも力が加わっていないことを確認しながら、下図に示すように、サドル座面の後端部及び前端部から25 mmのサドル中央部に、順番に400 Nの力を上方に加える。この力を1 分間保持する。
図・写真

対応規格 JIS D 9301:2019 一般用自転車 5.7.3.2 サドルのはめ込み強度
JIS D 9302:2019 幼児用自転車 5.7.4. サドルのはめ込み強度
BAA自転車安全基準:2019 5.9.3.2 サドルのはめ込み強度
自転車のSG基準:2013 17.サドルの性能 (6)
対象車種 一般用自転車(シティ車、スポーティ車、MTB類形車、子供車、小径車、実用車)、幼児用自転車


試験・検査

ページ上部へ戻る